探偵を訴えてやる!これってできるの?

探偵日記

こんにちは!
熊本ホーラス探偵社です。

配偶者が浮気じゃないかと疑い、探偵に浮気調査や素行調査を依頼されます。実際に調査をされた方の中には「プライバシーの侵害だ!訴えてやる!」と怒る方もいるのではないでしょうか。
尾行されて撮影されたから、探偵を訴えられるのかというと・・・調査のやり方次第では訴えることは可能となります。

■探偵業法
まず始めに探偵の業務については『探偵業法』という法律で厳格にルールが定められています。
例えば、特定の人の行動についての探偵が情報を集めるために、尾行・張込み・聞込みなどをする行為は、業務行為として認められています。
つまり、依頼主の調査依頼を受け、探偵にとっては素行調査や浮気調査をするのは「正当な業務」であり、法律に沿って行う限り合法といえます。
したがって、調査をされた側としては探偵を訴えることはできないという

ことになります。

■違法な場合は訴えることができる可能性も
探偵の調査が合法とされるのは、あくまでも法に則った調査を行った場合のみです。
住居に不法侵入をしてカメラや盗聴器をしかけたりした場合は明らかな違法行為なので、警察に相談したり、プライバシーを侵害された損害賠償を請求できたりする可能性があります。

①名誉毀損をした場合
探偵が調査で得た情報を依頼人以外の第三者に許可なく公開し、調査対象者の名誉を毀損した場合には刑法上の名誉毀損罪に該当します。当然損害賠償請求を請求することも可能です。

②犯罪行為を助長する目的調査を行った場合
普通の探偵ならこのような依頼を受けることはありませんが、ストーカーが好意を寄せる人の身辺調査を依頼するなど、犯罪行為を助長する目的とわかっていながら、身辺調査を引き受けた場合は、探偵側の責任問題になります。

■違法な調査が発覚した場合は?
違法な調査が発覚した場合、調査対象者は探偵に損害賠償を請求できる可能性があります。違法な調査であることを依頼主が知っていた場合は、依頼主の責任を追求することも可能です。

見に覚えが無いのに探偵から尾行されたり、撮影されるのは大変不快なことです。
パートナーがいる方は「信頼されてなかったのか・・・」「自分を疑っていたのか!」など色々な感情が入り混じるかと思い

ますが、一度深呼吸をして一度自分の行動や言動を見直して相手を不安にさせてないか考えてみましょう。

心当たりがない方は警察などに相談することも考えてみましょう。
探偵とは全く関係ないかもしれません。
当社ではストーカー対策調査も行っております。
お気軽にご相談下さい。匿名でも大丈夫です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本の浮気調査なら『ホーラス探偵社』
浮気調査専門チーム『キリン探偵社』
ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤル:0120-318-222
Mail:info@holace-tantei.com
LINE:@801rhbla
#浮気 #調査 #浮気調査 #探偵 #熊本
#興信所 #見積り無料 #24時間365日
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

タイトルとURLをコピーしました