怪しい探偵社の見分け方

探偵日記

こんにちは!
ホーラス探偵社です。

皆さん!探偵業界には怖い、怪しいってイメージがあるかと思います。残念なことに悪質な探偵会社があることは事実です。
ただ、殆どの探偵社が依頼者様の力になりたいと思い調査にあたっています。皆さん怪しい探偵社は避けたいですよね?そこで今回は、怪しい探偵社の見分け方をお伝えしたいと思います。

公安委員会へ探偵業の届出をしているか

これは絶対!絶対に確認してください!公安委員会へ届出をせず営業している探偵社は違法です。
※探偵業について平成18年6月「探偵業の業務の適正化に関する法律」が制定され、平成19年6月1日から施行となりました。

見積書が曖昧じゃないか

納得のいく見積書になっているかも重要です。調査員数×1日の稼働時間×所要日数=調査費用(見積り金額)納得のいく見積書ではないでしょうか?浮気調査プラン100万円など詳細がよくわからない見積書を提示してくる探偵社にはお気をつけ下さい。

別途請求について説明があるか

いわゆる実費(経費)について説明があるかも重要です。対象者が飲食店やテーマパークへ入った場合も撮影を継続する場合、経費として別途請求されることが一般的です。しかし、そこの説明をせずに契約を迫る探偵社は注意です。一晩考えて依頼することが大切です。

事務所が存在しているか

探偵社の所在地がはっきりしていない場合は要注意です。料金を支払ったあとに連絡が取れなくなる可能性があります。

契約書が存在しているか

信じられないかもしれませんが契約書がでてこない探偵社もあります。
探偵業法で契約書の段階で重要事項は書面を交わすことが義務づけられています。
契約書を交わさない探偵社は要注意です。
※探偵業法の第8条2項
①商号、名称又は氏名及び住所 法人の場合はその代表者の氏名
②調査の内容、期間及び方法
③結果報告の方法と期限
④探偵業務に委託に関する定めがあるときは、その内容
⑤対価その他の依頼者が支払わなければならない金銭の額と支払い時期と方法
⑥契約の解除に関する定めがあるときはその内容
⑦探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関する定めがある場合はその内容について
上記項目がちゃんと記載されているか要チェックです!

総括

1.公安委員会に届出を出しているか確認
2.見積書に曖昧な部分は無いか確認
3.別途請求(費用)について説明があるか確認
4.事務所が存在するか確認
5.契約書が存在するか確認
以上、怪しい探偵社の見分け方でした。

怪しい探偵社を避けて、良い探偵社に相談しましょう!
探偵選びに悩んでる方の助けになれば幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

熊本の浮気調査なら『ホーラス探偵社』
ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤル:0120-318-222
Mail:info@holace-tantei.com
LINE:@801rhbla
#浮気#調査#浮気調査#探偵#熊本
#見積り無料#24時間365日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

タイトルとURLをコピーしました